「しあわせな日々」より

nantes.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:こう見えて( 5 )

メモリーいっぱい



目覚めようとするのだけれど 覚めてはいけなくて もがいている。
何故 目を覚ましてはいけないのかは分からないけれど、
そこにある 危険 をあらかじめ知っているから。手足をバタバタさせて
もう息を止める限界 どうしたらいいのか分からなくて焦って思わず口走った。

「私って どうやって保存するんだっけ」
って。

寝ぼけた頭で 自分自身に一体何を保存しようと思ったのか。
夢の記憶か これまでの思い出か
テキストなのか音声なのか画像なのか 

そんなにデジタルな人間だったとは。

それとも
人間臭い においを消そうとするからか

まだ消したくないものが このあたりには漂っている。
[PR]
by next-d | 2007-11-23 00:08 | こう見えて | Comments(20)

青天のヘキレキ


真っ暗でどしゃぶりの朝。
出掛ける前からこれでもかのひどい雨。

さあ

気に入らない傘には
うってつけの天候である。
叩きつける雨をこの傘で受けてやろうと
気合いを入れて踏み出した。

道路に出るとまもなく
あたりの様子が変わった。

空が
みるみる白くなってく。
そこへ
突然の光

もしかしてあたし
突然逝ちゃった、
これがもうひとつの世界なのかーー。

だが傘の上で雨は
パラパラと音をたてている。
じゃあこの光は何だ。と深く覆っていた傘を外すと
サンシャイ〜ン
って音が聞こえたようだった。

狐につままれた

狐の嫁入り

雨あがり。あたし、初めての晴れ女。



この傘
気に入ったから。
[PR]
by next-d | 2007-03-31 01:18 | こう見えて | Comments(2)

溝を埋める


若い人とメールのやりとりをすると
絵文字が入りで
すぐに返事がくる。

なんとなく、またこちらからも書いている。
いつのまにか何度も行ったり来たりしている内に
ふと。私はブログとほとんど同じ婆ぁに
なっていることに気づく。
[PR]
by next-d | 2007-03-24 01:22 | こう見えて | Comments(0)

すり替え


いつも気に入った傘を探していた。

できれば雨に降られたくはないが、
滅入らないように明るくて美しい傘を差そう。
雨が降り出しそうな時には
持ち歩いても重過ぎず、持っていることが
嬉しく楽しくなるものを。


必要に迫られ
わざと気に入らない傘を買うーー。
どんな雨が降ろうが平気。
できれは一瞬でダメになるほどの
突風よ 吹いてちょーだい。
こんな傘なら何が起ころうが構いはしない。
向い風、結構。
気に入らない傘に
八つ当たりしたい放題。


大事にモノを使う。
大切にする。

逆行する気持ち。
雨の日への恨みは根が深い。


気に入った傘を修理に出し
戻ってくるまでの間に合わせとして
「気に入らない」傘を買う。
早く雨が降らないかな。
この傘を差してやる。
一回で壊れてもいい。
早く雨が降らないかな。


大雨の中、へらへら笑いながら
傘を持って暴れている婆ぁを見かけたら
御注意ください。
[PR]
by next-d | 2007-03-15 21:47 | こう見えて | Comments(2)

見えないこと。


頻繁に使っている訳ではない。
ただ有って良かったと
思える瞬間があるので持っている携帯電話。

いよいよ寿命のようで、充電しても夜まで持たなくなってきた。
電話の寿命か。
自分の寿命か。
しかし買い換えとなるといろいろと煩わしい。

インターネットもメールもカメラも
お財布も音楽もsuicaも、それぞれに間に合っている。
老眼鏡なしで電話がかけられればそれでいい。といって
老人仕様のものだけは持ちたくない。
買い換えは簡単なようでいてこれがなかなか難しい。
困ったものだ。

婆ぁと思われたくない、か……。
ひとつ発見。
[PR]
by next-d | 2007-03-07 23:17 | こう見えて | Comments(2)