「しあわせな日々」より

nantes.exblog.jp
ブログトップ

金木犀に溺れる


誕生日と十五夜とキンモクセイは
私にとってほとんど同じ季節の意味合いで
どれもこれも 今年は逃したかと思っていたら

キンモクセイ はまだ咲いていなかった。


この建物の手をのばせば届くような場所にある大きな木は
それは見事なキンモクセイらしい。

窓という窓を全開にしてもらった。

部屋をいっぱいに満たし 未だ足りず
こぼれあふれ あふれ 廊下から階段へ
建物の中を金木犀の香りが通り抜けた。

ふるい木の階段をミシ ミシと音をたて
上がってくると
階上から香りの波が一気に押し寄せてきて
香りに目が回って溺れそうになったという。

なんだろう 愉快だ。
声を殺して笑った日。
[PR]
by next-d | 2007-10-16 00:20 | 日めくり | Comments(6)
Commented by jobin2004 at 2007-10-21 07:59
おはようございます。
ピアフのCDを聴いています。歌っていいですね。
哀しいことを、引受けてくれるみたいな優しさがあるようです。
もう少し秋が深まった街中を、ipodで聴きながら歩きたくなりました。
次の満月が楽しみです。
Commented by next-d at 2007-10-21 20:31
>jobin2004さま
おはようございます。ピアフいいですよね。
私も音楽の力を信じています。
Commented by ありんこ(・O・) at 2007-10-23 01:31 x
お誕生日おめでとうございます

ばあのこの部屋は四季に溢れていますね

なんだかとても落ち着きます

ありがとう
Commented by next-d at 2007-10-23 23:43
>ありんこ(・O・)ちゃま
どうもどうもありがとうございますばあの誕生日も十五夜もキンモクセイもすでに通り過ぎてしまったのですがずるずるとつながっているような錯覚でもいいありがとう
Commented at 2007-10-26 16:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by next-d at 2007-10-28 21:33
>かぎさま
風の匂いが 懐かしい。
ありがとうございます。