「ほっ」と。キャンペーン

「しあわせな日々」より

nantes.exblog.jp
ブログトップ

切られてもまた


伸びるらしい。

樹の強さに 負けまいと

結構頑張ってみるが

なにもかも敵わない。

それでもね。

目をこらし
耳をすまして

手をのばす。
[PR]
# by next-d | 2012-02-08 00:48 | 妄想の樹 | Comments(2)

メモリーいっぱい



目覚めようとするのだけれど 覚めてはいけなくて もがいている。
何故 目を覚ましてはいけないのかは分からないけれど、
そこにある 危険 をあらかじめ知っているから。手足をバタバタさせて
もう息を止める限界 どうしたらいいのか分からなくて焦って思わず口走った。

「私って どうやって保存するんだっけ」
って。

寝ぼけた頭で 自分自身に一体何を保存しようと思ったのか。
夢の記憶か これまでの思い出か
テキストなのか音声なのか画像なのか 

そんなにデジタルな人間だったとは。

それとも
人間臭い においを消そうとするからか

まだ消したくないものが このあたりには漂っている。
[PR]
# by next-d | 2007-11-23 00:08 | こう見えて | Comments(20)

金木犀に溺れる


誕生日と十五夜とキンモクセイは
私にとってほとんど同じ季節の意味合いで
どれもこれも 今年は逃したかと思っていたら

キンモクセイ はまだ咲いていなかった。


この建物の手をのばせば届くような場所にある大きな木は
それは見事なキンモクセイらしい。

窓という窓を全開にしてもらった。

部屋をいっぱいに満たし 未だ足りず
こぼれあふれ あふれ 廊下から階段へ
建物の中を金木犀の香りが通り抜けた。

ふるい木の階段をミシ ミシと音をたて
上がってくると
階上から香りの波が一気に押し寄せてきて
香りに目が回って溺れそうになったという。

なんだろう 愉快だ。
声を殺して笑った日。
[PR]
# by next-d | 2007-10-16 00:20 | 日めくり | Comments(6)

あの子はどこに

ひとりの少女が立っていた。
ような気がしたのだが
その存在が確かだったかどうか
それがよくわからない。


6〜7歳くらいの
白っぽいガーゼのような
パジャマかもしれなくて
髪の毛はほとんどなく
無表情にどの方向でもなく
ぼんやり眺めるひっそりとした姿。

両親らしき人がお店を覗き込み、
開いているかどうか、入れるかどうかの
確認をしているようで

ここは病院の 外 ではある。
横断歩道を渡ってすぐ真ん前
古びたお食事処といった感じの
焼き魚に唐揚げ お子さまランチはない。
ここで家族と一緒に食事をすると
みんなのいい思い出に
なるのだろうか。

誰もそんなことは思っていない。

嬉しくも楽しくも ない
現在の状況に全く関心のない視線。

心ここに在らず

私は彼女にすれ違ったのか
彼女が私の中を通り抜けたのか
それがわからない。
[PR]
# by next-d | 2007-07-31 00:06 | 事実は小説より | Comments(6)

雨が近づく

まだまだ。いえ そろそろ出番のようだ。
こういうことは じらしてもしようがない。
じらすなんて とんでもない。
じらさないで なんていいシャンソンがありましたねえ。

さて がんばって雨降らせ ませましょう。





/// 偉そうな。。。
[PR]
# by next-d | 2007-06-26 00:04 | 日めくり | Comments(0)

埋め込んだ携帯

うだうだ ぐだぐだ ゆるゆる ぐずぐず
ごろごろ 身体の中にあるのは変な音ばかり。

どこかで聞いたような 水没した携帯か。
[PR]
# by next-d | 2007-06-20 01:34 | 日めくり | Comments(0)

痛みに耐えよ

かなしいが突き刺さっており、自力では折れないようで
(ヒトを当てにしてはならぬとあれほど言ったではないか。
後ろ姿を遠いところから眺めている。

突き抜けた穴から青い空がみえるのならば
ぐいぐいと押し込んでしまいたい。
埋め込んで
埋め込んで

まだ先は見えない。
[PR]
# by next-d | 2007-06-20 00:53 | 日めくり | Comments(0)

無理なんだい


無理があると思ったけれど、無理だって言わずに無理してやった。

無理だった。

やはり無理だったかと思う。思いながら
どこに無理があったのかを考える。
初めの無理と後の無理とは同じものか。

そこに何が見えるか。
[PR]
# by next-d | 2007-06-20 00:25 | 日めくり | Comments(5)

ガラピー着信


無事に戻った携帯だが、
着信音はハスキーボイスになっていた。
いがらっぽいというか
ガラピー ガラピーってな感じ
携帯の中にまだ水が入っている音がする。

どのメロディを指定しても
みんな同じようにしか聞こえないし、
効果音はほとんど雑音である。
音を司るところがやられたのか
カメラ撮影のシャッター音も奇妙な濁音。

といって
携帯電話のハスキーボイスがそれほど悪いという訳ではない。
むしろ、このほうが私に合っているような気がするほどだ。

ただ一か月をクリアするまでは
突然死もありうるとのこと。
携帯電話の身を案じながら過ごすとなると
梅雨のこの時期をどうやり過ごすかだが、
私の場合、やはり肌身離さず「傘」を持つこと。

明日は雨。
[PR]
# by next-d | 2007-06-13 23:34 | 日めくり | Comments(2)

拾う神あり。

「これが修理不能で戻って来た携帯ですご確認下さい」と言われて電源を入れたらあっさり甦りました。データも生きています。
[PR]
# by next-d | 2007-06-07 12:58 | 日めくり | Comments(2)